院長だより「アレルギー疾患」



今年は暖冬の影響か、例年よりも少し早く、シラカバ花粉が飛散し始めました。

北海道立衛生研究所によりますと、その量は例年より多くなる予報となっております。


花粉症の患者様では、花粉が最も多い春から夏にかけては、鼻のムズムズ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみなどが出現します。

花粉症は、症状が現れる前から抗アレルギー薬を服用することで、症状を抑えることができます。


”One airway, one disease.”という概念があります。空気の通り道は、鼻から肺まで繋がっているため、鼻炎と喘息の病態は基本的に同じという考え方です。

花粉症の治療をすると、喘息も改善することが知られています。


NICでは2歳以降の花粉症に加えて、アレルギー性結膜炎、慢性副鼻腔炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎の診療を行なっております。


花粉症の患者様は、症状が強くなる前にご相談いただけますと良いかと思います。


ご予約も受け付けておりますので、WEB予約フォームまたはお電話でのご連絡をお待ちしております!

ニセコインターナショナルクリニック

〒044-0081 北海道虻田郡倶知安町山田76-100

Tel: 0136-21-5454   Fax: 0136-21-5455

E-mail: contact@niseko-nic.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2016 niseko international clinic.