ニセコインターナショナルクリニック
0136-21-5454
日祝
9:00~12:00
14:00~17:00

内視鏡(胃カメラ)

内視鏡検査

院長は、ニセコインターナショナルクリニックを開院する前に札幌東徳洲会病院・手稲渓仁会病院にて内視鏡のトレーニングを受け、夕張市立診療所・ひまわりクリニックきょうごくにて内視鏡検査を行ってきました。これはひとえに胃がんで苦しむ人を減らしたいと思うからです。

ヘリコバクター・ピロリという細菌が胃の中に潜んでいる場合があります。
ピロリ菌に感染していても多くの場合には無症状ですが、胃炎や胃潰瘍を起こすことがあります。そして、ピロリ菌が胃がんの原因となることが分かっています。胃カメラで早期発見し、ピロリ菌がいれば除菌することが可能です。早期のがんは症状が出ないことが多いため、症状がない時点から定期的な検査を行うことをお勧めしています。できるだけ胃がんにならないように、胃がんになったとしても出来るだけ早くに見つけられるように、病気の予防と、早期発見・早期治療に力を入れています。

「胃がいたい」、「お腹が張る」、「すぐにお腹がいっぱいになる」、「食欲がない」、「吐き気がする」、「便が黒っぽい」などの症状があればご相談ください。また、これらの症状がない場合でも、「ピロリ菌がいると言われた」「バリウム検査で異常を指摘された」「家族に胃がんの人がいる」などの場合でもご相談ください。

» 内視鏡検査(胃カメラ)をおススメする疾患
※消化器疾患ページをお読みください。

  1. 苦痛やつらくさに配慮
    経口内視鏡(口から入れるカメラ)と、経鼻内視鏡(鼻から入れる細いカメラ)をご用意しております。経鼻内視鏡を口から入れることも可能です。
    鼻血が出ないように、オエっとならないように、細心の注意を払っております。
    特に異常がない場合の検査所要時間は7〜10分程度です。検査の方法は、事前に患者さんとご相談させていただきます。
  2. うとうとした状態で検査ができる
    ご希望がある患者さんには、鎮静薬を用いて、半眠り・夢見心地な状態で検査を行うことが可能です。鎮静薬を使用する際には、心電図モニター、パルスオキシメーターなどを用いて血圧や呼吸状態を注意深く観察しております。鎮静薬を用いる場合には、鎮静薬を用いた場合、当日の運転や高所での作業などはお控えいただきます。
  3. 高次医療機関との連携
    異常が発見された場合には、その場で病変を採取(生検)し、精密検査を行います。
    精密検査の結果、さらなる治療が必要な場合には、適切な医療機関をご紹介させていただきます。
  4. 自費検査・健康診断
    症状がない場合には、健康診断の目的で行う場合には、検査健康保険を利用できません。自費での費用は以下となります。
    全て、税込みで表示させていただいております。
    内視鏡検査 22,000円
    鎮静処置・鎮静薬 8,800円
    ピロリ菌検査 尿素呼気試験 6,600円
    抗体検査 3,850円